IASB、公開草案「意図された使用の前に発生する利益(IAS第16号の修正案)」を公表

IASB、公開草案「意図された使用の前に発生する利益(IAS第16号の修正案)」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2017年6月20日に公開草案「意図された使用の前に発生する利益(IAS第16号の修正案)」を公表しました。

関連するコンテンツ

本公開草案は、有形固定資産を意図した方法で稼働可能にするまでの間に生産した物品の販売による収入を当該有形固定資産の取得原価から控除することを禁止し、販売収入及び生産に係るコストを純損益に認識することを提案しています。
コメント期限は2017年10月19日です。

要約

本公開草案は、IAS第16号「有形固定資産」に関する以下の修正を提案しています。

  • 資産が正常に機能するかどうかの試運転コストを有形固定資産の取得原価に含める際に、資産を意図した方法で稼働可能な状態にする間に生産した物品(試運転時に製造した見本品等)の販売による収入を当該有形固定資産の取得原価から控除することを禁止する
  • 資産を経営者が意図した方法で稼働可能にするまでの期間に生産した製品の販売収入及び生産に係るコストは、関連する適切な基準書に従って純損益に認識する

また、IFRIC解釈指針第20号「露天掘り鉱山の生産フェーズにおける剥土コスト」を修正し、鉱山の開発フェーズの間に生じた剥土コストはIAS第16号に従って会計処理することを提案しています。

PDFの内容

  1. 要約
  2. 修正の経緯
  3. 修正提案の内容

参考情報へのリンク(外部サイト)

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン