FFI契約更新期限の再公表およびFATCA登録システムのアップデート

FFI契約更新期限の再公表およびFATCA登録システムのアップデート

2017年6月6日、米国内国歳入庁(IRS)は、FFI契約の更新が必要なステータスにもかかわらず2017年7月31日までに更新手続を行わない外国金融機関(FFI)が、そのFFI契約を2017年1月1日時点で終了したものとして取り扱われ、FFIリストから削除される可能性があるということについて、改めて公表しました。

関連するコンテンツ

IRSの公表文によれば、FFIがIRSとのFFI契約更新手続を実施できるように、FATCA FFI登録システムがアップデートされています。FFIは、更新手続においてウェブページ上の“Renew FFI Agreement”のリンク先からFFI契約更新要否を決定することが可能となっており、決定の基準となるガイドラインも提供されています。その決定後、システム上で登録フォームの確認および編集が可能となります。FFIは、登録情報の確認および必要に応じた更新を行い、FFI契約更新のための提出手続を実施する必要があります。

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン