ASPAC – 多数国間条約(BEPS防止措置実施条約) | KPMG | JP

ASPAC – 多数国間条約(BEPS防止措置実施条約)

ASPAC – 多数国間条約(BEPS防止措置実施条約)

KPMGオーストラリアは、このたび、アジアパシフィック地域の国々に焦点を当てた「税源浸食及び利益移転を防止するための租税条約関連措置を実施するための多数国間条約」(多数国間条約/MLI)に関するレポート「ASPAC and the Multilateral Instrument」(英語)を公表しました。

関連するコンテンツ

多数国間条約は既存の租税条約をBEPSプロジェクトの勧告に沿ったものに迅速に変更するための仕組で、6月7日、67の国/地域により署名されました。

このレポートでは、以下の内容等をご覧いただけます。

  • 多数国間条約を適用することが双方の国において選択された租税条約の一覧
  • アジアパシフィック地域の国々が選択した多数国間条約の各条に対する暫定的なポジションをまとめた一覧表
  • 多数国間条約の各条の概説
  • 今後のプロセス及び対応すべきポイント

英語コンテンツ

KPMG Japan e-Tax News No.136 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信