サイバーセキュリティ経営実践ガイダンス

サイバーセキュリティ経営実践ガイダンス

KPMGコンサルティングとラックによる、経営目線での実効的なセキュリティへの取り組みを考察したホワイトペーパー「サイバーセキュリティ経営実践ガイダンス - サイバーインテリジェントプラットフォーム活用の進め -」を発行しました。

関連するコンテンツ

大規模なサイバー攻撃が世界各国で発生するなど、標的型サイバー攻撃は増加傾向にあり、その手法も複雑化・組織化しています。さらに、情報漏えい事故なども後を絶ちません。中には経営に大きなインパクトを与えているケースも少なくなく、企業にとってサイバーセキュリティ対策は重要な経営課題となっています。そうした中、経済産業省から「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開され、経営者が認識する必要のある「3原則」、情報セキュリティ対策を実施する上で指示すべき「重要10項目」がまとめられています。しかし、企業や組織でセキュリティ対策の重要性が認識されるようになったにも関わらず、自社の対策状況を正確に把握し、事業形態に適合した管理や運用、適切な投資を実施している企業が少ないのが実態です。

本ホワイトペーパーでは、あらためて「サイバーセキュリティ経営」とは何かを考えるとともに、経営目線での実効的なセキュリティへの取り組みを考察し、それらに対する具体的な対応を解説しています。

内容

  1. はじめに
  2. サイバーセキュリティ経営の理解
  3. サイバーインテリジェントプラットフォーム概要
  4. サイバーインテリジェントプラットフォームの活用方法
  5. サイバーインテリジェントプラットフォームの高度な活用

リスクコンサルティング

リスクコンサルティング

KPMGでは、リスクマネジメント・コンプライアンス・内部統制・内部監査・情報セキュリティ・人事マネジメント等に関する取組みの支援で得られた実務ノウハウを活用し、各企業に最適なグローバル・グループマネジメントの実現を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン