IFRICニュース May 2017 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRICニュース May 2017 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRS解釈指針委員会(IFRS-IC)での主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取扱われているすべての論点のステータスを「論点サマリー」にまとめています。

関連するコンテンツ

2017年5月3日にIFRS解釈指針委員会(以下「IFRS-IC」)の会議が開催されました。
また、2017年4月に開催された国際会計基準審議会(以下「IASB」)の会議において、IFRS-ICの提案等に基づいて審議が行われました。本稿では、主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取り扱われているすべての論点の状況を「論点サマリー」にまとめています。なお、一部の論点は、今後のIFRS-IC会議等において、引き続き議論される予定です。

要約

2017年5月のIFRS-IC会議において、次の事項が決定された。
  • アジェンダ却下通知案の公表
    公正価値の変動をその他の包括利益に表示する(FVOCI)選択に適格な金融資産(IFRS第9号「金融商品」に関連)

以下の事項については2017年4月のIASB会議で審議が行われた。

  • 公開草案「制度改訂、縮小または清算が生じた場合の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号及びIFRIC解釈指針第14号の改訂案)」
  • 共同支配事業に係る既存持分の再測定(IFRS第3号「企業結合」及びIFRS第11号「共同支配の取決め」に関連)
  • 金融負債の認識の中止に関する10%テストに含めるべき手数料及びコスト(IFRS第9号「金融商品」及びIAS第39号「金融商品 - 認識及び測定」に関連)

PDFの内容

  1. 要約
  2. IFRIC解釈指針
  3. 会計基準の限定的改訂
  4. IFRSの年次改善
  5. アジェンダ却下通知
  6. 論点サマリー

IFRICニュース

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン