チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2017年4月号) | KPMG | JP

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2017年4月号)

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2017年4月号)

税務パッケージの承認に伴うGFDによるVAT法改正に関する法案の作成を中心に、VAT元帳に関する罰則:権利放棄オプション、国別報告書は実務上何をもたらすのか、GDPRの下では新しいデータ処理の同意が必要か、疑念を取り除くための不法な手続きに対する防衛はそれに値する可能性があるについて解説しています。

関連するコンテンツ

チェコにおける事業展開を考察する際に参考とになるような最新動向を、Tax・Legal・Case Lawに区分し、それぞれのトピックにおける日本語要約版および英語解説文(ウェブリンク)を紹介します。

Tax

税務パッケージの承認に伴うGFDによるVAT法改正に関する法案の作成
下院議会は上院議会から返却された税務金パッケージ を承認しました。特に、上院の不動産に関する付加価値税の改定動議は、下院によって却下されました。本来の発効日は4月1日であったにもかかわらず、この日付以前に法律は承認されておらず、公開されていませんでした。したがって、このことから、当該法律は、一般的な規則に従い、掲載された15日目に有効になります。
法 律の収集 に関する法律に規定されている一般的な規則に従い、当該法律は、掲載された15日目に有効になります。政府は7月1日から法律が発効するように掲載を待つことも可能です。これは特にVATの変更の適用に関して、理にかなっています。General Financial Directorateは現在、修正されたVATに関する情報を準備しており、また税務アドバイザー協会にコメントを提供するよう求めています。
With tax package approved, GFD preparing draft information on amendment to VAT Act | KPMG Czech Republic

VAT元帳に関する罰則:権利放棄オプション
General Financial Directorate (GFD)は、10,000 、30,000または50,000CZKに達する、VATの元帳明細書の提出の不履行、又または遅延に対する罰則を放棄する選択肢を拡大しています。不履行の原因にかかわらず、2016年について最大2件、2017年には1件の罰金を免除することが可能になります。になり、2017年には1件となります。
Penalties for VAT ledger statements: new waiver options | KPMG Czech Republic

国別報告書は実務上何をもたらすのか?
提案された国際協力法の改正案は、国別報告書を作成するために、年間連結売上高が7億5,000万ユーロを超える多国籍グループに、国別報告書の作成を求めています。 この改正法案は現在、次回の下院の議題に入っています。同時に、チェコの親会社が子会社に関する情報を記入しなければならない所定の書式が提示されています。この時点で、チェコ共和国は 、実施期限、すなわち2017年6月4日までに改正案を通過させることはできないと思われます。したがって、予算委員会は、発効日を「法令公布日」に変更するよう提案しました。
What will country-by-country reporting bring in practice? | KPMG Czech Republic

財務省はATAD(Anti-Tax Avoidance Directive)実施にかかるディスカッション・ペーパーを発行
財務省は、EU租税回避防止指令(ATAD)のチェコ法制での実施に関するディスカッション・ペーパーを発表しました。主に新規利息控除の制限ルール、国外転出時課税制度、外国企業規制及びおよびハイブリッドミスマッチに重点を置いています。以下に、最も重要な点をまとめました。
MF issues discussion paper on ATAD implementation | KPMG Czech Republic

Legal

GDPRの下では新しいデータ処理の同意が必要か?
新しいEUの一般データ保護規制(GDPR)の適用日が近づいています。新ルールは2018年5月より実施されますが、運用の煩雑さのため、多くの企業が準備を開始しています。この点においては、第29条作業部会が作成したガイドラインや、各国の規制当局によって提出された提言が参考になる可能性があります。一例として、英国の監督当局は最近、データ処理の同意に関する提言を発表しました。
New data processing consent required under GDPR? | KPMG Czech Republic

Case Law

疑念を取り除くための不法な手続きに対する防衛は、それに値する可能性がある
最近の判決では、疑念を取り除く手続きは、具体的な不確実性を明確にするためだけになされるべきであると最高行政裁判所(SAC)が強調しました。これは、納税義務が遂行されたかどうかを直ちにかつ遅滞なく確認するための手法です。
Defence against unlawful procedure to remove doubt may be well worth it | KPMG Czech Republic

チェコ&スロバキア

チェコ&スロバキア

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

チェコニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信