公益法人会計の実務ガイド(第4版) | KPMG | JP

公益法人会計の実務ガイド(第4版)

公益法人会計の実務ガイド(第4版)

平成20年12月にいわゆる公益法人改革三法が施行され、新たな公益法人制度が運用されてから早くも8年余りが経過しました。この間に特例民法法人の移行期間は終了し、現在では公益法人または一般法人として活動を行っています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書は、新たな公益法人制度におけるこれら一連の会計実務の動向を反映し改訂を図っています。
読者や実務家の方々からの意見・要望を検討し、公益法人・一般法人等における会計実務対応に役立つよう、できるだけ多くの設例を取り入れ、わかりやすい解説を心がけています。

本書の特徴

  • 新たな公益法人制度導入における一連の会計実務を詳細解説
  • 新たな対応が必要となった会計処理等をフォロー、実務上の論点についてさらに詳しく
  • 設例を用いたわかりやすい解説

著者:あずさ監査法人 パブリックセクター本部(編)

出版社:中央経済社

発行日:2017.4.19

体裁:A5判・344頁

定価:3,800円(税抜)

目次

第1章 公益法人の制度の概要
第2章 公益法人会計基準の概要
第3章 公益法人会計総論
第4章 公益法人の会計帳簿
第5章 公益法人の主な会計処理
第6章 公益法人の財務諸表等
第7章 実務論点Q&A

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信