ASBJ、改正「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計 ... | KPMG | JP

ASBJ、改正「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)」を公表

ASBJ、改正「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計 ...

修正国際基準ニュースフラッシュ - ASBJは2017年4月11日に、「改正『修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)』」を公表しました。

関連するコンテンツ

企業会計基準委員会(以下「ASBJ」)は、2017年4月11日、「改正『修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)』」(以下「改正修正国際基準」)を公表した。改正修正国際基準は、2014年1月1日から2016年9月30日までに国際会計基準審議会(以下「IASB」)により公表された新規のまたは改正された会計基準及び解釈指針(以下「会計基準等」)のうち、2017年12月31日までに発効するものを対象とした国際会計基準(以下「IFRS」)のエンドースメント手続の結果として公表されたものである。改正修正国際基準は、修正国際基準のうち「修正国際基準の適用」について改正を行っており、公表日以後開始する連結会計年度より適用する。

要約

  • 改正修正国際基準は、第3回目のIFRSのエンドースメント手続の結果として公表されたものであり、2014年1月1日から2016年9月30日までにIASBにより公表された会計基準等を反映している。
  • ASBJは、検討対象となった会計基準等について、「削除または修正」を行うべき項目はないと結論付けた。

背景

「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準) ※1」(以下「修正国際基準」)は、IASBにより公表された会計基準等について、その一部が「削除または修正」されたものであり、「指定国際会計基準」とは別に認められている任意適用制度である。
 
指定国際会計基準は、IASBにより公表された会計基準等の一部を指定しないことも可能な枠組みとなっているが、その一部を修正する手続を念頭に置いた規定とはなっていない。
 
これに対して、IFRSのエンドースメント手続は、IASBにより公表された会計基準等について、わが国で受け入れ可能か否かを判断したうえで、必要に応じて、一部の会計基準等について「削除または修正」し、金融庁において指定する仕組みである。ASBJは、2015年6月30日に、2012年12月31日までにIASBにより公表された会計基準等に関する初度エンドースメント手続の結果として、以下から構成される「修正国際基準」を公表した。
 
文書名 概要
「修正国際基準の適用」 修正国際基準に準拠した連結財務諸表を作成する場合、ASBJが採択したIASBにより公表された会計基準等の規定に、ASBJによる修正会計基準を加えた規定に準拠しなければならない旨が定められている。
企業会計基準委員会による修正会計基準第1号
「のれんの会計処理」
IFRSにおいて認められていないのれんの償却を求めている。
企業会計基準委員会による修正会計基準第2号
「その他の包括利益の会計処理」
IFRSにおいてその他の包括利益に認識された項目のうちリサイクリング処理が認められていない項目について、一部を除きリサイクリング処理を求めている。
 
その後、2013年中にIASBにより公表された会計基準等に関する第2回目のエンドースメント手続が実施され、2016年7月25日に修正国際基準の改正が行われた。今回実施された第3回目のエンドースメント手続は、2014年1月1日から2016年9月30日までにIASBにより公表された会計基準のうち、2017年12月31日までに発効する以下の会計基準等を対象としている。
 
  • IFRS第14号「規制繰延勘定」
  • 「共同支配事業に対する持分の取得の会計処理」(IFRS第11号の修正)
  • 「許容可能な減価償却及び償却の方法の明確化」(IAS第16号及びIAS第38号の修正)
  • 「農業:果実生成型植物」(IAS第16号及びIAS第41号の修正)
  • 「個別財務諸表における持分法」(IAS第27号の修正)
  • 「IFRSの年次改善」(2012 - 2014年サイクル)
  • 「開示に関する取組み」(IAS第1号の修正)
  • 「投資企業:連結の例外の適用」(IFRS第10号、IFRS第12号及びIAS第28号の修正)
  • 「未実現損失に係る繰延税金資産の認識」(IAS第12号の修正)
  • 「開示に関する取組み」(IAS第7号の修正)

なお、2016年9月公表の「IFRS第9号「金融商品」のIFRS第4号「保険契約」との適用(IFRS第4号の修正)」は、2017年12月31日までに発効する場合があるが、例外的と考えられるため、今回のエンドースメント手続の対象に含めていない。

 

※1 英文名称は、「Japan's Modified International
Standards(JMIS): Accounting Standards Comprising IFRSs and the ASBJ Modifications」である。

エンドースメント手続における検討

エンドースメント手続における検討の結果、対象とした会計基準等は、主に、当面の暫定措置を定めるものや要求事項の明確化を行うものであることから、ASBJは、「削除又は修正」の要否について追加の検討が必要な項目は無いと判断した。

上記の結果を踏まえ、ASBJは、「修正国際基準の適用」の「別紙1 当委員会が採択したIASBにより公表された会計基準等」のみ改正を行った。

適用時期及び経過措置

2017年4月改正の「修正国際基準の適用」は、公表日以後開始する連結会計年度に係る連結財務諸表から適用する。ただし、公表日を含む連結会計年度に係る連結財務諸表に適用することができる。この場合、四半期連結財務諸表に関しては、翌連結会計年度に係る四半期連結財務諸表から適用する。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

修正国際基準ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信