IPO Monthly Report (2017年3月) | KPMG | JP
close
Share with your friends

IPO Monthly Report (2017年3月)

IPO Monthly Report (2017年3月)

2017年3月のIPO市場の動向をまとめたレポートをお届けします。

関連するコンテンツ

概況

2017年3月の月間新規上場会社数は、前年同月比1社減の21社となり、年始からの上場会社数は前年同期比27社増(同4社増)となりました。

3月の株式市場は、日経平均株価が、月間では約210円安(約-1.1%)となりました。国内株式市場においては、米国の堅調な雇用環境を背景とした利上げの加速期待からドル円相場が115円台へ下落するなか、国内企業の輸出増加を背景とする生産や設備投資の拡大への期待に加え、全国の住宅地価格が9年ぶりに前年比で上昇したことなどを受けて底堅く展開しました。しかし、月末には、米国トランプ政権のオバマケア代替法案の採択が撤回されたことや、FOMC(連邦公開市場委員会)による2017年の利上げが3回との見通しが示されたことで、一時110円台のドル安円高が進んだことから、日経平均株価(月末終値ベース)は2016年11月以来、4ヶ月ぶりに18,000円台へ下落しました。

そのような市場環境のなか、21社の新規上場が行われました。まず、3/7、マザーズに上場したロコンドは、靴を中心とした返品無料のファッションECサイト「LOCONDO.jp」を運営しています。在庫リスク低減のため、各ブランドから商品を預かり販売する受託型が9割を占めています。また、自社構築したシステム・物流インフラ等を活用し、各ブランドの公式ECをワンストップで受託支援することでECの取扱高を伸ばしています。こちらの初値は公募価格を約41.9%上回りました。次に、3/16、ジャスダックに上場したほぼ日は、WEBサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営し、読者アンケート等を活かし生活関連商品を開発・販売しています。年間60万部を発行する「ほぼ日手帳」が売上高の約7割となっています。こちらの初値は公募価格を約128.1%上回りました。さらに、3/22、東証一部に上場したマクロミルは、同社と連結子会社25社から構成され、オンライン上で登録ユーザーに対しアンケート等を行い、企業向けに市場調査を展開しています。同社は2014年にファンド出資を受け上場廃止し、3年ぶりの再上場となりました。こちらの初値は公募価格を約4.3%下回りました。最後に、3/27、マザーズに上場したティーケーピーは、同社と連結子会社16社から構成され、遊休不動産等を活用した法人向け貸会議室を中心に運営しています。2017年1月末時点で国内1,709ヶ所、海外42ヶ所で展開し、自社の料飲施設を活用し、弁当・ケータリング手配、宴会場の運営等を提供しています。こちらの初値は公募価格を約74.3%上回りました。

内容

  1. IPO社数と月別推移
  2. IPOカレンダー(3月)
  3. 月間IPO概況
  4. 月間新規上場会社概要

≪参考≫IPOデータ

新規上場会社売上高の推移

新規上場会社経常利益の推移

新規上場会社資金調達額の推移

新規上場会社初値時価総額の推移

IPO Monthly Report

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信