IAISが「ステークホルダーのエンゲージメントプラン」を公表

IAISが「ステークホルダーのエンゲージメントプラン」を公表

2017年3月20日、保険監督者国際機構(IAIS)は、「ステークホルダーのエンゲージメントプラン」を公表しました。

関連するコンテンツ

エンゲージメントプランの概要

IAISは、基準の策定・高度化及び基準の実施等を行う際には、ステークホルダーからの意見の収集や対話が重要な役割を担っていると認識しています。
そのためIAISは、2015年~2019年の戦略計画において、ステークホルダーからの意見の入手過程及び質を向上させることをゴールの一つとして掲げています。本エンゲージメントプランはその一環として、このゴールを達成するための具体的なプランとして策定されています。

エンゲージメントプランの構成

このエンゲージメントプランは以下の5つのパートから構成されています。

 

パート1
計画の背景

  • ステークホルダーの関与がIAISの組織上の優先事項であること
  • ステークホルダーの関与に係るプロセスのこれまでの変遷

 

パート2
エンゲージメントプランの要素

・IAISがステークホルダーの関与についてとる一般的なアプローチ及び指針(オープンかつ透明性のある手法を用いるなど)
・IAISへステークホルダーが関与することについて、その目的、それにより得られる利得及び関与する機会の適切性を評価するための基準

 

パート3
現在のステークホルダーの関与へのIAISのコミットメント、政策及び戦略

  • 2015年に新たに導入したステークホルダーの関与に係るコミットメント、政策及び戦略(例えば、全てのステークホルダーに対して参加費用を無償化、テーマ別のステークホルダー・ミーティングの開催、外部からのゲストを招聘・承認するための委員会等の承認など)

 

パート4
新たに策定する、ステークホルダーの関与へのIAISのコミットメント、政策及び戦略

  • 新たなコミットメントは必要な労力とリソースの程度及び実施の容易さを反映して2つのレベルに分けること
  • レベル1は一般的に実施が容易な事項(例えば、ステークホルダーの参加や対象事由の拡大など)
  • レベル2は実施に時間がかかる事項または実施の実行性や最良の手法の決定に追加的な分析が必要となる事項(例えば、IAISウェブサイトをより効果的かつ双方向的なプラットフォームとするための分析など)

 

パート5
計画の実施

  • 計画を実施していく際の方針など(例えば、ステークホルダーの関与機会の質と有効性について、ステークホルダーに対し定期的にアンケートをとり、計画の実施についてモニタリングを行う)

参考情報へのリンク(外部サイト)

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン