Brexitと英国を取り巻く状況について

Brexitと英国を取り巻く状況について

本稿では、Brexitの基本情報として、英国を取り巻く状況をテーマに、欧州における経済圏や各国間との交易上の関係、英国の主要貿易相手国、さらには英国と地域別に見たEU加盟国とのそれぞれの関係性のほか、欧州を取り巻く議会選挙、財政上の問題、米国の影響など欧州における不確実要素などについて4つの視点から考察しています。

関連するコンテンツ

欧州 現在の状況

欧州は、多様な経済圏、協定、連合で成り立っており、経済圏と各国間の利害関係は複雑です。

英国の主要貿易相手国

英国の観点でグローバルサプライチェーンを見ると、韓国(重工業、エンジニアリング、造船、自動車)、南アフリカ(自動車部品)、メキシコ・カナダ(NAFTA主要国)、ヨーロッパが重要な国・地域であり、Brexit後、英国がこれら重要国・地域と今までの関係をどこまで継続できるか、そしてトランプ政権下の米国との関係維持・強化が重要なポイントとなります。

英国とEU加盟国との関係

英国とEUとのBrexitの交渉はドイツが中心となって実施されると想定されるものの、EU加盟国の交渉時の優先事項は各国の関心事によって異なると考えられます。

欧州を取り巻く問題

選挙や財政問題の他に、周辺諸国そして米国の影響も、欧州の不確実要因となっています。

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexitの概要、企業に与える影響、今後の課題などについて、日本語による最新情報を掲載します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン