Brexitをめぐる今後の英国のEU離脱シナリオと課題 | KPMG | JP

Brexitをめぐる今後の英国のEU離脱シナリオと課題

Brexitをめぐる今後の英国のEU離脱シナリオと課題

本稿では、Brexitの基本情報として、Brexitをめぐる今後の英国のEU離脱シナリオと課題をテーマに、これまでの英国内で議論のあったBrexitにかかる通商上のシナリオや今後の方向性、EU基本理念の今後の論点、また、英国が現在のEUの枠組みの中でどのようにBrexitの手続きや交渉を実施するかについて、3つの視点から考察します。

関連するコンテンツ

これまでのBrexitシナリオの流れ

2016年6月23日の英国における国民投票後、どのようなシナリオで英国がEUを離脱するのか多くの議論がされてきました。
2017年1月17日、メイ首相はスピーチの中で、英国は移民管理に重点を置き、単一市場へのアクセスを断念し、EUと自由貿易協定(FTA)締結を目指すことを明確にしました。これにより英国は、カナダが7年かけてEUと交渉・締結する自由貿易協定を、2年で実現することになります。

EU基本理念に対する今後の論点

英国独自の自由貿易協定を締結するシナリオでは、EUの4つの基本理念に対し英国内だけではなく、英国とEUの間で議論・交渉していくと想定されます。

EUの仕組みの中でのBrexit手続き・交渉

Brexitの交渉は、EUの仕組みの中で実施されることになります。

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexitの概要、企業に与える影響、今後の課題などについて、日本語による最新情報を掲載します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信