リスボン条約50条発動に伴う考察 KPMG専門家によるQ&A(日本語字幕付き動画)

リスボン条約50条発動に伴う考察 KPMG専門家によるQ&A(日本語字幕付き動画)

英首相は2017年3月29日、EU離脱を欧州理事会に正式に通達しました。50条発動に伴い、遅くとも2019年3月末に英国はEUを離脱します。これに伴い、今後考えられる変化や、企業が準備すべきこと、英国のEU離脱がグローバル事業を展開している企業に及ぼす影響などについてKPMGの専門家がインタビュー形式で考察します。

関連するコンテンツ

内容

KPMGの専門家、Karen Briggs氏(KPMG英国)およびRohitesh Dhawan氏(KPMGインターナショナル)による、Q&Aセッションを取り纏めた動画資料です(日本語字幕付き)。その中で、50条発動による今後の変化、企業がなすべきこと、情報発信、ビジネスの見極めの時期、英国の市場価値、事業を成功に導くためのポイント、Brexitが企業に及ぼす影響、KPMGがサポートするBrexitプランなど、リスボン条約50条発動に伴う8つのテーマを考察します。

掲載する動画には日本語字幕が含まれます。パソコンやスマートフォン、タブレット型PCなど使用する電子機器の環境によって、日本語字幕の設定が異なります。
動画再生時に字幕が表示されない場合は、動画プレイヤー右下の[CC]メニューから[Japanese]を選択して下さい。

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexitの概要、企業に与える影響、今後の課題などについて、日本語による最新情報を掲載します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン