オンラインショッピングにおける消費者行動の実態

オンラインショッピングにおける消費者行動の実態

消費財・小売ビジネスとテクノロジーとの融合によって進化を遂げたオンラインショッピングは、さらなる利便性、付加価値、選択肢を求める新世代の消費者に支えられ、現在も成長の途上にあります。消費財・小売企業にとって、このトレンドは挑戦であると同時に大きなチャンスをもたらします。

関連するコンテンツ

現在の消費財・小売企業は、「常時オン」のショッピング環境に置かれた消費者が、何を・いつ・どこで購入しているかについて、ひときわ敏感に、すばやく反応することが不可欠となっています。
このような環境下において持続可能な戦略の鍵を握るのは、未来も見据えた高い視点であらゆる地域、あらゆる世代にわたる顧客ニーズを理解し、それを満たす能力を備えることにあります。

KPMGはIntuit Researchの協力のもと、世界51ヵ国にわたる18,430名の消費者を対象として、オンラインショッピングに対する認識や購買行動に関する調査を実施いたしました。本レポートではこの調査結果を、地域、商品カテゴリー、購買プロセスの段階、世代(ミレニアル世代・ジェネレーションX/X世代・ベビーブーム世代)といった区分をもとに分析し、消費財・小売企業がターゲットとするさまざまな顧客セグメントの独自性をKPMGによる考察も交えて解説すると共に、日本を含む海外の消費財・小売企業のエグゼクティブインタビューを通じて、顧客中心主義に基づく効果的なオンライン戦略の立案のヒントを提供しております。

ご関心がある方は、PDF(日本語版)を公開しておりますので、ダウンロードPDFよりご覧ください。

内容

消費者が本当に求めているものは何か

  • ジレンマ
  • 18,430人の消費者が教えてくれたこと

オンライン購入における行動

  • 上昇傾向にあるオンラインショッピング
  • 商品カテゴリーのトレンド
  • 国際取引とオンライン小売企業の増大
  • 購入に使用されるデバイスのトレンド

購買までのプロセス

  • 段階1 - 認知:トリガーと影響を及ぼす要素(インフルエンサー)
  • 段階2 - 検討:商品と会社の調査
  • 段階3 - コンバージョン:どこで、いつ購入するかの決定
  • 段階4 - 評価:体験とフィードバック

消費者の思考・行動を理解する

  • オンラインへのシフトを後押ししているもの
  • オンライン販売の障害を乗り越える
  • オンライショッピングにおける消費者の獲得
  • 支払オプションを地域に合わせて調整する必要がある
  • 消費者からの信頼の構築
  • 体験と信頼は顧客ロイヤルティを獲得するのに十分か

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン