Revenue for software and SaaS | KPMG | JP

Revenue for software and SaaS

Revenue for software and SaaS

KPMGのRevenue for software and SaaSは、収益認識に関する新基準(Topic 606)を、ソフトウェアのライセンス供与及びSaaS(サービス型ソフトウェア)の取決めに適用する場合のキー・ポイントとなる問題点に関し、US GAAPに準拠する企業に焦点を当てて詳細かつ専門的なガイダンスを提供しています。

関連するコンテンツ

Topic 606の影響について、導入期間に生じる疑問に幅広く対応するとともに、従来からの実務的な問題点にTopic 606が与える影響にも対応しています。いずれの場合においても、Topic 606の影響を過去のUS GAAPと比較しています。

PDFの内容

  1. ソフトウェア及びSaaSの産業の概要
  2. 適用範囲
  3. ステップ 1:顧客との契約の識別
  4. ステップ 2:契約における履行義務の識別
  5. ステップ 3:契約価格の決定
  6. ステップ 4:契約における履行義務への契約価格の配分
  7. ステップ 5:企業が履行義務を果たす場合の収益認識
  8. 契約変更
  9. 契約原価

英語コンテンツ(原文)

米国基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信