IASB、公開草案「IFRS第8号事業セグメントの改善(IFRS第8号及びIAS第34号の修正案)」を公表

IASB、公開草案「IFRS第8号事業セグメントの改善(IFRS第8号及びIAS第34号の修正案)」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2017年3月29日、公開草案「IFRS第8号事業セグメントの改善(IFRS第8号及びIAS第34号の修正案)」を公表しました。

関連するコンテンツ

本公開草案では、IFRS第8号に係る適用後レビューの結果を踏まえ、最高経営意思決定者の識別や事業セグメントの集約、報告セグメントの開示などに関して、概念の明確化や新たな開示事項を提案しています。
なお、コメント期限は、2017年7月31日です。

要約

本公開草案では、IFRS第8号に関して、主に以下の事項を提案しています。

  • 最高経営意思決定者の概念を明確化した上で、その機能を担っている個人又はグループの肩書き及び役割の開示を新たに求める。
  • 複数の事業セグメントを集約する場合の要件を明確化する。
  • 財務諸表における報告セグメントが、財務諸表以外における報告セグメントと異なる場合に、財務諸表上での追加的な説明を求める。

また、IFRS第34号「期中財務報告」を修正し、報告セグメントの区分を期中に変更した場合には、当年度及び前年度のすべての期中報告期間について、セグメント情報の修正再表示を求めることを提案している。

PDFの内容

  1. 要約
  2. 修正の経緯
  3. 修正提案の内容

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン