IFRS Newsletter: IFRS 9 Impairment - Issue 4

IFRS Newsletter: IFRS 9 Impairment - Issue 4

このニューズレターでは、IFRS第9号「金融商品」の減損規定に関するIASBの審議(2017年2月)について最新情報を提供しています。

関連するコンテンツ

2017年2月の審議の動向

2017年2月の会議において、IASBはIFRS第9号「金融商品」の減損規定を適用する企業に困難をもたらしている分野について審議を行いました。審議では、信用リスク管理の活動を、IFRS第9号第5.5.20項の適用範囲に含まれる金融商品(すなわち、クレジットカードのようなリボルビング与信枠)の予想信用損失を測定する際のエクスポージャーの期間の決定にどのように織り込むかが論点となりました。

IASBスタッフは、関連するIFRS第9号の概要及びIFRS移行リソース・グループ(IFRS Transition Resource Group for Impairment of Financial Instruments, ITG)メンバーが会議において示した関連する見解を提供しました。主な見解は、IFRS第9号B5.5.40項をどのように適用するかに関するものであり、以下について再確認することを含んでいました。

  • エクスポージャーの期間を決定する際に、企業はB5.5.40項に記載されている3つの要素すべてを検討することを要求される。すなわち、企業は信用リスク管理活動がエクスポージャーの期間に影響を及ぼすか否か、また(及ぼすとすれば)どのように及ぼすのかについて検討する。
  • 企業が一部の金融商品について信用リスク緩和の活動を実施しないことを選択した場合、この決定は関連する金融商品の予想残存期間に影響を及ぼす。
  • 企業は、信用リスク管理活動の影響を、それらが信用リスクを緩和する限り検討することを要求される。
    スタッフはまた、B5.5.40項の原則をどのように適用することができるかに関する簡素化された設例も提供しました。
    IASBは、スタッフの概要に対して質問またはコメントを提示しませんでした。

次のステップ

スタッフは、この論点及びその他の困難を生じさせている分野に関して、IFRS第9号の適用を支援するために必要である場合には、教育的資料を作成する意向があることをIASBに示しました。

PDFの内容

  1. リボルビング与信枠のエクスポージャーの期間
  2. これまでの経緯
  3. これまでのITGの審議の状況

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

IFRS 9 Impairment Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン