再生局面での留意事項~取引先や株主の立場から | KPMG | JP

再生局面での留意事項~取引先や株主の立場から

再生局面での留意事項~取引先や株主の立場から

昨今、企業不祥事や事業環境の大幅な変化、不測の事態の発生等により、事業や財務に大幅な影響が及び、企業や事業の存続が危ぶまれるケースが見受けられます。

関連するコンテンツ

こういった不振企業の再生にあたっては、当然、様々な手立てが講じられるものの、同企業に関わる取引先や株主などの関係者は、そのような状況下、どのように対処し、あるいは支援要請に対応したらよいのでしょうか。
本稿では、そのような取引先や株主の立場で、自社の得意先や仕入先、出資先が再生局面に陥った際に留意すべき事項、その前提として理解しておくことが望ましい事項について概説します。

ポイント

  • 不振企業にとっての選択肢を理解する
  • 再生スキームの枠組みと、それらが及ぼす取引先、株主への影響を理解する
  • 取引先、株主の立場から、不振企業を支援する際の留意事項を理解する
     

内容

  1. 再生局面にある不振企業にとっての選択肢
    1. 企業の課題・検討事項
    2. Insolventの状態にある企業の選択肢
  2. 利害関係者ごとの考察
    1. 企業ないしその経営者の立場
    2. 取引先の立場
    3. 株主の立場

執筆者

株式会社KPMG FAS
パートナー 中村 吉伸

KPMG FAS Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信