分析の信頼度を高めるために データアナリティクスの信頼度についてのグローバル意識調査 | KPMG | JP

分析の信頼度を高めるために データアナリティクスの信頼度についてのグローバル意識調査

分析の信頼度を高めるために データアナリティクスの信頼度についてのグローバル意識調査

データアナリティクス(D&A)には、データに秘められている価値を引き出す力があります。しかし、そのためにはまず、データおよび分析、そしてそこから導きだされる知見が信頼できるものでなければなりません。

関連するコンテンツ

KPMGは2016年にForrester Consultingの協力を得て、D&Aへの信頼および4つの「信頼のアンカー(碇・いかり)」についてグローバル調査を実施し、世界の2,000以上の組織から回答を得ました。KPMG、クライアント、およびアライアンスパートナーのリーダーも、この調査に分析や意見を提供しました。

本レポートは、今日ほとんどの組織が直面する根本的な課題について独自の見方を提示しています。これは大きな機会を生み出すことになるでしょう。「信頼に対するギャップ」をいち早く解消できた組織は、より早く正確に、確信をもって意思決定を下せるようになるはずです。将来的にはそのような組織が成功することになるでしょう。

リスクコンサルティング

リスクコンサルティング

KPMGでは、リスクマネジメント・コンプライアンス・内部統制・内部監査・情報セキュリティ・人事マネジメント等に関する取組みの支援で得られた実務ノウハウを活用し、各企業に最適なグローバル・グループマネジメントの実現を支援します。

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信