LNG市場の流動化を巡る動向~アジアにおける課題と展望~ | KPMG | JP

LNG市場の流動化を巡る動向~アジアにおける課題と展望~

LNG市場の流動化を巡る動向~アジアにおける課題と展望~

LNG市場は依然として、固定的な契約条件に基づく長期契約により取引を主体とする、流動性の低い市場に留まっており、LNGトレーディング市場を高い流動性を持つオープンな市場へと変貌させることが、市場関係者から期待されています。

関連するコンテンツ

航海するタンク船と山並み

2014年からの原油価格下落に伴うLNGスポット価格の下落、新規のLNG需要国や新たな供給国・地域の登場など、ここ数年の間にLNG取引をめぐる環境は大きく変化しつつありますが、LNG市場では固定的な契約条件に基づく長期契約が取引慣行の主体となっており、依然として流動性の低い市場に留まっています。
本稿の目的は、LNGトレーディング市場が変貌を遂げるために整備されることが必要な理由を整理し、シンガポールと日本の関係者への取材によるマーケット最前線の状況調査、および他のコモディティ市場との比較によりLNG市場のポジションを浮彫りにしたうえで、この市場の課題と展望を整理し、結論として、市場関係者に未来への視座を提供することです。

内容

  1. イントロダクション
  2. LNGトレーディング市場の整備が必要な3つの理由
  3. アジアLNGトレーディングハブ化への胎動
  4. 他コモディティ市場との比較から導かれるLNG市場の現在位置
  5. LNG市場流動化における課題の分析
  6. 最後に

執筆者

KPMG FAS
パートナー 宮本 常雄

KPMGコンサルティング
ディレクター 巽 直樹 他

冊子の郵送について

ご希望の方には、無料で本冊子のハードコピーをお配りしております。下記資料請求フォームからお申込みください。

エネルギー

エネルギー

エネルギー業界における国内外の事情に精通したプロフェッショナルが、企業の課題解決を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信