IFRS - Financial Instruments Newsletter - Issue 36 | KPMG | JP

IFRS - Financial Instruments Newsletter - Issue 36

IFRS - Financial Instruments Newsletter - Issue 36

IFRS - 金融商品ニューズレターでは、IASBの金融商品に関するプロジェクトの動向について最新情報を提供しています。Issue36では、対称的な損失補償による期限前償還オプションが付された金融資産に関するプロジェクトについて、2017年1月に行われたIASBの審議を取り上げています。

関連するコンテンツ

ウィンドサーフィン

IASBは、IFRS第9号に基づく対称的な「損失補償」を伴う期限前償還オプションを有する金融資産の分類について審議を開始し、2016年12月には、その議題に範囲限定的な規定のプロジェクトを追加することで合意していました。

概要

2017年1月の会議において、IASBは、対称的な損失補償を伴う期限前償還オプションを有する特定の金融資産を、(事業モデルに応じて)償却原価またはその他の包括利益を通じて公正価値で測定する(FVOCI)区分に分類することを認めるIFRS第9号の限定的な例外規定案について審議しました。
このプロジェクトの次の段階では、以下が行われる予定です。

  • 例外措置案についての審議の完了
  • 2017年4月における公開草案の公表

IASBは、2017年第4四半期に(すなわち、IFRS第9号が発効する前に)最終改訂版を公表することを目標にしています。
2017年1月の会議において、FICEプロジェクト及びマクロヘッジ会計プロジェクトの審議は行われませんでした。
同じ会議において、スタッフは、IFRS第17号「保険契約」の重大な欠陥の有無の検討(fatal flaw review)で生じた整理論点(sweep issue)を2017年2月の会議で審議する予定であることをIASBに通知しました。
これを受けて、スタッフは現在、保険契約に関する最終基準書を2017年5月に公表することを見込んでいます。

内容

  1. 対称的な期限前償還オプション
  2. これまでの経緯
  3. 限定的な例外規定

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

IFRS - Financial Instruments Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信