日本のフィンテックの最新動向 - 2017年2月 | KPMG | JP

日本のフィンテックの最新動向 - 2017年2月

日本のフィンテックの最新動向 - 2017年2月

金融庁より「銀行法施行令等の一部を改正する政令等(案)」が公表。JPXがブロックチェーン/分散型台帳に関する業界連携型の技術検証を実施。日本銀行と東京大学が「フィンテックと貨幣の将来像」に関するコンファレンスを共同開催。

関連するコンテンツ

2016年12月に金融庁は、同年5月に成立した改正銀行法に基づく、フィンテック企業への出資認可に係る審査事項や仮想通貨交換業者に金銭・仮想通貨の分別管理等に関するルールを定める「銀行法施行令等の一部を改正する政令等(案)」を公表しました。
また、2016年11月に日本取引所グループ(JPX)は、ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証を行うと公表しました。
さらに、日本銀行と東京大学は、共催コンファレンス「フィンテックと貨幣の将来像」を開催し、中央銀行、学者、実務家、フィンテック団体から仮想通貨やフィンテックの広がりによる決済の多様化や貨幣の将来像、金融政策への影響について発表しました。

内容

  1. 金融庁「銀行法施行令等の一部を改正する政令等(案)」公表
  2. JPX ブロックチェーン/分散型台帳技術に関する業界連携型の技術検証の実施へ
  3. 日銀と東大が共催コンファレンス「フィンテックと貨幣の将来像」開催
  4. 日本の金融当局等に関する主な動向
  5. イノベーション:ビットコイン事業者向けサイバー保険を開発
  6. 大規模な資金調達が相次ぐ日本のフィンテック・スタートアップ
  7. 日本におけるフィンテック・スタートアップ企業概要
  8. 日本の金融機関等に関する主な動向

フィンテック

フィンテック

金融とIT技術を融合させ新たな価値を生み出すフィンテック(FinTech)が今、金融界に大きなうねりをもたらしています。本ページでは、フィンテックに関する情報を発信しています。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信