FASB - ASU第2017-04号「のれんの減損テストの簡略化」を公表

FASB - ASU第2017-04号「のれんの減損テストの簡略化」を公表

Defining Issues 17-05 - このDefining Issuesは、FASBが2017年1月26日に公表したASU第2017-04号「のれんの減損テストの簡略化」に関する情報を記載しています。

関連するコンテンツ

このASUにより、のれんの減損テストのステップ2が削除され、のれんの当初認識後の測定が簡略化されます。
ASU第2017-04号は、SECに登録する公開企業は2019年12月16日以降、SECに登録しない公開企業は2020年12月16日以降、非公開企業は2021年12月16日以降開始する年次及び期中期間から将来に向かって適用されます。早期適用は測定日が2017年1月2日以降であるのれんの減損テストから認められます。

英語コンテンツ(原文)

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン