FASB - ASU案「流動・非流動に区分された貸借対照表上の負債の区分の簡素化」を公表 | KPMG | JP

FASB - ASU案「流動・非流動に区分された貸借対照表上の負債の区分の簡素化」を公表

FASB - ASU案「流動・非流動に区分された貸借対照表上の負債の区分の簡素化」を公表

Defining Issues 17-02 - このDefining Issuesは、FASBが簡素化イニシアティブの一環として2017年1月10日に、貸借対照表における負債の流動・非流動の区分に関するASU案を公表したことについて記載しています。この提案により、既存の詳細なガイダンスは、貸借対照表日時点の企業の事実及び状況を考慮する、原則に基づくアプローチに差し替えられます。

関連するコンテンツ

内容

  1. 負債の区分
  2. コベナンツ違反により償還可能(Callable)となった負債の免責に関する除外規定
  3. 開示

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信