FASB - ASU第2016-20号「顧客との契約から生じる収益に対するテクニカルな修正及び改善」を公表 | KPMG | JP

FASB - ASU第2016-20号「顧客との契約から生じる収益(トピック606)に対するテクニカルな修正及び改善」を公表

FASB - ASU第2016-20号「顧客との契約から生じる収益に対するテクニカルな修正及び改善」を公表

Defining Issues 16-41 - このDefining Issuesは、FASBが2016年12月21日に公表したASU第2016-20号「顧客との契約から生じる収益(トピック606)に対するテクニカルな修正及び改善」に関する情報を記載しています。

関連するコンテンツ

このASUは、収益に関する新基準(以下、新基準)及び関連するコストのガイダンスの適用範囲及び適用方法を明確にするとともに、開示の免除規定を提供しています。このASUの公表は、新収益基準の発効前に行う最後の基準策定活動となる見込みです。

内容

  1. 主な内容
  2. 主な影響
  3. 残存履行義務に関する開示の免除
  4. テクニカルな修正の概要

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信