RPAやAIが実現する「働き方改革」と企業の生き残り戦略 | KPMG | JP

RPA(Robotic Process Automation)やAI(Artificial Intelligence)が実現する「働き方改革」と企業の生き残り戦略

RPAやAIが実現する「働き方改革」と企業の生き残り戦略

仮想知的労働者(Digital Labor:デジタル・レイバー)とも呼ばれるロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation、以下「RPA」という)や、人工知能(Artificial Intelligence、以下「AI」という)などに関するニュースを目にする機会が増えています。

執筆者

パートナー デジタルレイバー&トランスフォーメーション統括

KPMGコンサルティング

お問合せフォーム

関連するコンテンツ

当初は「RPAやAIの出現で、ホワイトカラーの雇用機会が奪われる」といった論調も見かけましたが、最近ではその可能性が注目されるようになり、企業経営者の関心も高まっています。政府もRPAやAIを今後の日本の成長の切り札と位置付けるとともに、「働き方改革」の推進のためにも重要であるとしています。本稿では、企業がRPAやAIを活用するメリットや導入のポイントなどについて解説します。

ポイント

  • RPAやAIを導入することにより、従業員はルーティン作業から開放され、長時間労働が是正される。企業は人的リソースの大幅な削減も可能になる。
  • RPAやAIがホワイトカラーの雇用機会を奪うことにはならない。むしろ、より付加価値の高い業務を行う機会を提供する。
  • 付加価値の高い業務を行う機会が増えることで、従業員のモチベーションが向上するとともに、場所や時間を選ばない多様な働き方も可能になる。
  • 日本企業が得意とするきめ細かな製品づくりやサービスもRPAやAIを活用すればさらに容易になる。グローバルに競争力を発揮するチャンスにもなる。

内容

  1. RPAやAIの効果に注目が集まる
    1. 経産省自らICTを活用し、残業削減へ。企業経営者もRPAやAIに関心
    2. RPAやAIはまさにデジタル・レイバー(仮想知的労働者)
    3. RPAやAIが業務の効率化・コスト削減に大きく貢献
  2. RPAやAIが「働き方改革」を実現
    1. RPAやAIの導入により、長時間労働の是正が可能
    2. RPAやAIが多様な人材の活用を実現する
  3. RPAやAIはホワイトカラーの仕事を奪うのか
    1. 人間がやらなければならない仕事は必ず残る
    2. プロセスの分析・改善、意思決定の自動化はまだ研究段階
    3. RPAやAI導入によるスキルセットの変化が求められる
  4. RPA/AI時代に生き残る企業の条件
    1. RPA/AI時代のマクロ就業構造転換
    2. RPA/AI時代に必要とされる人材
    3. 「我が社ならでは」のRPA/AI活用を検討し、人材を開発する
  5. RPAやAIを活用して国際競争力を強化してほしい

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
SSOA(シェアードサービス・アウトソーシング・アドバイザリー)日本統括
デジタルレイバー・コグニティブ・イニシアティブ日本代表
一般社団法人日本RPA 協会 専務理事
パートナー 田中 淳一

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

RPA(Robotics Process Automation)とは、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれ、従来人手で行っていた業務をAIや機械学習等を含む認知技術の活用により自動化するものです。本ページでは、RPAに関する情報をご紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信