新年のご挨拶

新年のご挨拶

日本の皆様、あけましておめでとうございます。昨年はイギリスのEU 脱退、アメリカ大統領選挙など、世界に大きな衝撃を与えた出来事がいくつも起こった激動の年でありました。このような自国中心主義の風潮が今後他国に浸透していくことも懸念されており、高まる地政学リスクにより、企業環境の先行きは不透明な状況になっています。

関連するコンテンツ

世界経済に目を向けてみますと、中国・インドなどの成長市場や高い成長率を維持している新興国グループがある中で、主要先進国の成長率は低位に留まっており、世界経済が今後持続可能で健全な成長を遂げることができるかどうかについては、今後の政治や自由貿易体制の行く末如何に大きく左右されることかと思います。
また、国際政治や経済の問題だけでなく、人口増大、エネルギー、食料、資源、環境といった世界規模の課題も残されており、このような様々な環境変化を意識しながら成長を目指していくためには、迅速な経営判断がますます重要になってきています。
一方、IoT、人工知能やロボティクスといった破壊的なテクノロジーの出現は、既存市場のプレーヤーを脅かす革新的な企業の新規参入を促す要因にもなっており、先進企業といえども、複雑化した環境によって生じる様々な変化に柔軟に対応していくことが求められます。そのためには、グローバルな視点で現在起きている事象を俯瞰して捉え、課題の本質とその自社に与える影響度を的確に把握しながら、市場機会を捕えていくことが不可欠になってくることでしょう。
私たちKPMG 自身も、100 年以上にわたる歴史の中で幾多の変遷を経て現在の組織に至っています。私たちは、自らの存在意義を表すPurpose(目的)である“Inspire confidence, Empower Change「社会に信頼、変革に力を」”という理念を世界の全スタッフで共有し、監査、税務、およびアドバイザリー業務を通じて、企業の皆様や社会の持続的成長に貢献できますよう、今後も価値あるサービスの提供に努めてまいる所存です。
今年一年、皆様にとってよき年でありますよう、心からお祈りしております。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン