Q&A株式上場の実務ガイド(第2版)

Q&A株式上場の実務ガイド(第2版)

企業業績の動向が、上場準備会社にとって上場を達成する上での一番の指標となるのは当然ですが、新規上場は企業にとっての通過点に過ぎません。上場準備とは、持続的な成長と企業価値向上のための仕組みづくりにあります。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書は、初版(平成17年1月)の改題・改訂第1版(平成25年9月)以降の取引所規則の改正や会社法・金融商品取引法等の改正、その他制度改正を網羅するとともに、「業務管理制度」、「利益管理・予算統制」及び「会計制度」などの内部管理制度から「上場後のリスクマネジメント」まで広く取り上げわかりやすく解説しています。

本書の特徴

  • Q&A形式で要点を把握
  • 取引所規則の改正や会社法・金融商品取引法等の改正、その他制度改正を網羅
  • 改正のもととなった背景を踏まえたわかりやすい解説

著者:あずさ監査法人(編)

出版社:中央経済社

発行日:2016.1.18

体裁:A5判・416頁

定価:3,800円(税抜)

目次

第1章 株式上場の基礎知識
第2章 上場準備活動の実務
第3章 資本政策の実務
第4章 業種別上場審査のポイント
第5章 上場後のリスクマネジメント

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン