子会社の損失を補填するために交付された親会社からの支援金 | KPMG | JP

子会社の損失を補填するために交付された親会社からの支援金

子会社の損失を補填するために交付された親会社からの支援金

India News - 最高裁判所は、子会社の損失を補填するために交付された親会社からの支援金は、課税対象外であるとの見解を示しました。

関連するコンテンツ

先ごろ、インド最高裁判所は、Siemens Public Communication Networks Ltd.(以下、「納税者」)の事案において、子会社の損失を補填するために交付された親会社からの支援金は、収益とはみなされないことから、課税対象外であるとの見解を示しました。当該支援金は、インドの子会社において発生した損失に対し、納税者の投資保護の為、親会社が自主的に支払うものであることから、収益とはみなされません。
Flash Newsの詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
Subvention receipt from the parent company to recoup losses of the subsidiary is not taxable as revenue receipt - Supreme Court(English PDF:449kb)

担当者:笠間 智樹、大谷 尚功

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信