Boardroom Questions 持続可能な開発目標:2015 - 2030

Boardroom Questions 持続可能な開発目標:2015 - 2030

2015年9月、国連総会において、より豊かで包摂的かつ持続可能で強靭(レジリエント)な世界を実現するための新しい持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)が採択されました。企業には、持続可能な開発における課題解決のため、創造性とイノベーションを発揮することが求められています。

関連するコンテンツ

持続可能な開発目標は企業にとって何を意味するのか?

持続可能な開発目標は、企業が他のステークホルダーとの協働を通じ、より豊かで包摂的かつ持続可能で強靭(レジリエント)な世界を実現することで、成長し、利益を生み出す機会を与えるものである。

世界における喫緊の課題

  • 飢餓、病気、失業、紛争等の絶対的な貧困による影響が、これまで以上に顕著になっている。
  • 脆弱な統治能力、インフラの欠如、不平等の悪化は経済的かつ社会的な発展の足かせとなっている。
  • 自然資源の枯渇や環境の悪化は、水危機、食料危機、エネルギー危機をもたらしている。

なぜ今なのか?

  • 政府、民間セクター、市民団体の間で、世界の現状を改善するために協力することはすべての関係者に利益をもたらすものであるというコンセンサスが生まれつつある。
  • 2015年9月、193の国連加盟国が一同に会し、2030年までの今後15年間における、人類と地球の持続的な発展のための新たな17の目標と169のターゲットを採択した。

なぜ持続可能な開発目標は、あなたの組織に影響するかもしれないのか?

  • 持続可能な開発目標は普遍的であり、すべての国と国民に適用され、不平等に立ち向かい、さらに誰も置き去りにしない。それゆえ、さまざまな国で事業を行っている企業は、事業モデルに対する潜在的な影響について理解することが必要である。
  • 関連する開発目標を事業戦略に反映させ、開発目標の達成に向けたグローバルパートナーシップを発展させるべく、知識、専門性、テクノロジーおよび資金を共有するためには、企業としての戦略の見直しが必要になる可能性がある。
  • 開発目標は多岐にわたっており、貧困や飢餓を撲滅すること、持続可能な消費や生産を確かなものにすること、平和で包摂的な社会を実現することなどを含む。これにより、企業には調達方針や人事方針の見直しが求められる可能性がある。
  • 国連は、データ、ファイナンス、説明責任のメカニズムを含む実施手段に重点を置いている。

潜在的な成長機会

  • マルチステークホルダーパートナーシップの組成や拡大を通じ、イノベーションや成長の機会が提供される。
  • 包摂的で持続的な発展を牽引し、責任を果たしている企業は、消費者、クライアント、投資家、その他のステークホルダーからの評判を高めることができる。
  • 事業環境の改善を通じて新たな市場が生み出される。

誤った対応から起こり得るビジネスリスク

  • 持続的な発展を牽引する他社が新たな市場や機会を先行して見出すことにより競争劣位の立場に置かれる。
  • 土地、水、エネルギーを含む自然資源の制約に対して適切な対応が行われない。
  • ブランドや名声の失墜は、消費者、クライアント、投資家や政府の支持を失うことになりかねない。

Boardroom Questions

  1. 経済、社会、環境の課題に対処し、開発目標の実現に貢献することから生まれるビジネス機会を「共有価値」の視点から特定することができるよう、価値創造戦略をいかにして強固なものにすることができるか?
  2. 調達や雇用に関する戦略が開発目標と整合的であるかどうかを検討したことがあるか?
  3. 水、エネルギー、食糧、気候変動、社会のリスクにさらされている度合についてどのように管理しているのか?
  4. 人権に関する方針を公表し、人権保護のための戦略を策定しているか?影響力を行使できる範囲において人権を積極的に支持しているか?
  5. 高成長市場において存在感を増す中間層は我々のビジネスにとってどのような機会を意味するのか?
  6. 開発目標の進捗は市場機会と市場勢力図にどのように影響するか?
  7. 自国や海外における低所得の消費者やクライアントにアクセスするためにどのようなイノベーションが可能か?
  8. 変化を促すためのベストプラクティス原則・基準を開発し採用するため、業界としてどのような協力関係を築くことができるか?
  9. 多様なステークホルダーとの新たな協力の機会を捉えるためのイノベーションや協働の文化をいかに育てるか?
  10. 従業員は、変化する世界でイノベーションを起こし、成功するために必要な多様性、スキル、特性を備えているか?
  11. 価値創造のストーリーをより効果的に伝えるための適切なシステムやプロセスを備えているか?

経営層はどのような対策を検討すべきか?

  • 包摂的で持続的な繁栄を追求するために責任ある行動を行うことにより、組織の評判を守りさらに向上させる
  • 社会的、環境的、政策的な変化が戦略に確実に反映されるようにするため、ステークホルダー、リスク、価値創造についての分析をゼロベースで見直す
  • イノベーションと共有価値を促すために、他社、政府機関、市民社会、国連、開発銀行、大学と協働する機会を創出する
  • 統合報告やサステナビリティ報告を通じ、包摂的で持続的な繁栄を促進する企業の貢献について測定し、管理し、報告するためのシステムを見直し、必要に応じて改善する
  • これらの活動を実施するための価値基準、リソース、知識、能力を確実に備える

KPMGメンバーファームは何を行っているか?

  • KPMGファームは、包摂的かつ持続可能で強靭な繁栄に寄与し、効果的で責任あるサービスを提供するために、企業、政府、国連、市民団体と協働している。
  • KPMGは、飢餓撲滅宣言や国連グローバルコンパクトとの協力のもと作成したSDGIndustryMatrix等の取組みを通じて、企業による開発目標への支持について提言している。
  • KPMGは、開発目標の達成のため、企業市民活動においてKPMGのスキル、リソース、影響力を利用している。

サステナビリティ

サステナビリティ

企業のCSR活動に関するリスク管理と、機会の拡大を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン