「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」等を公布 | KPMG | JP

「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」等を公布

「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」等を公布

2016年12月27日、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(内閣府令66号)が公布されました。また、金融庁は、同府令案に関するパブリック・コメントの結果等について公表しました。

関連するコンテンツ

1.改正の内容

本改正は、企業会計基準委員会(ASBJ)が、企業会計基準第26号「退職給付に関する会計基準」、企業会計基準適用指針第25号「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」及び実務対応報告第33号「リスク分担型企業年金の会計処理等に関する実務上の取扱い」(以下「実務対応報告等」)を公表したことを受け、リスク分担型企業年金を採用している場合の注記事項等について、所要の改正を行うものです。
リスク分担型企業年金を採用している場合の会計処理及び開示事項等の概要については、会計・監査ニュースフラッシュ『実務対応報告第33号「リスク分担型企業年金の会計処理等に関する実務上の取扱い」等の公表』をご参照ください。

2.施行日

同府令は、実務対応報告等と同様、2017年1月1日から施行されます。

参考情報へのリンク(外部サイト)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信