ASBJ、実務対応報告公開草案第49号(実務対応報告第18号の改正案)「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い(案)」等の公表

ASBJ、実務対応報告公開草案第49号(実務対応報告第18号の改正案)「連結財務諸表作成における ...

会計・監査ニュースフラッシュ - 企業会計基準委員会(ASBJ)は、2016年12月22日に、実務対応報告公開草案第49号(実務対応報告第18号の改正案)「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い(案)」等を公表しました。

関連するコンテンツ

本公開草案は、指定国際会計基準又は修正国際基準(JMIS)に準拠した連結財務諸表を作成して金融商品取引法に基づく有価証券報告書により開示している国内子会社を、従来の実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社の会計処理に関する当面の取扱い」(以下「実務対応報告第18号」)の対象範囲に含めることを主な目的としています。
なお、本公開草案に対するコメント期限は、平成29年2月22日までです。

内容

  1. ポイント
  2. 本公開草案の概要
  3. 適用時期

参考情報へのリンク(外部サイト)

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン