金融庁及び東京証券取引所、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス ... | KPMG | JP

金融庁及び東京証券取引所、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」意見書(3)を公表

金融庁及び東京証券取引所、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス ...

会計・監査ニュースフラッシュ - 2016年11月30日、金融庁及び東京証券取引所は『機関投資家による実効的なスチュワードシップ活動のあり方~企業の持続的な成長に向けた「建設的な対話」の充実のために~「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」意見書(3)』を公表しました。本意見書における概要について紹介します。

関連するコンテンツ

ポイント

  1. 運用機関とアセットオーナーのそれぞれに求められる取組みが提言されている。
  2. スチュワードシップ・コードの原則・指針に定められた事項以外にも、機関投資家がスチュワードシップ責任を果たすに当たり有用と考えられる事項が提言されている。
  3. スチュワードシップ・コードについて、本意見書の内容を踏まえた見直しが行われる見込みである。

内容

  1. 本報告書の位置付け
  2. 運用機関による実務的なスチュワードシップ活動
  3. アセットオーナーによる実効的なチェック
  4. スチュワードシップ・コードの見直し

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信