IASB、「投資不動産の振替」(IAS第40号の改訂)を公表

IASB、「投資不動産の振替」(IAS第40号の改訂)を公表

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2016年12月8日に、「投資不動産の振替」(IAS第40号の改訂)を公表しました。

関連するコンテンツ

本改訂は、IAS第40号における投資不動産への振替または投資不動産からの振替に関する規定を明確化したものです。本改訂は、2018年1月1日以降に開始する事業年度から強制適用され、早期適用は認められます。

本改訂の概要は以下のとおりです。

  • 投資不動産への振替または投資不動産からの振替に関する規定について、以下のとおり明確化
    • 不動産の用途変更があり、その明白な証拠がある場合に限って、投資不動産への振替または投資不動産からの振替を行う。
    • 用途変更は、不動産が投資不動産の定義を満たすようになった時点、または満たさなくなった時点で発生する。経営者の意図の変更のみでは、不動産の用途変更の証拠とはならない。
    • IAS第40号第57項に示されている状況は、用途変更の証拠の例示にすぎない。
    • 投資不動産への振替または投資不動産からの振替は、完成した不動産に限定されない。
  • 経過措置として、次のいずれかの移行アプローチを適用することを容認
    • IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」に従った完全遡及アプローチ
    • 本改訂の適用開始日現在の用途を反映するため不動産の分類を再検討し、本改訂の適用開始日以降に生じる用途変更に本改訂を適用するアプローチ

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン