IASB、IFRIC解釈指針第22号「外貨建取引と前渡・前受対価」を公表

IASB、IFRIC解釈指針第22号「外貨建取引と前渡・前受対価」を公表

IFRSニュースフラッシュ - IASBは2016年12月8日に、IFRIC解釈指針第22号「外貨建取引と前渡・前受対価」を公表しました。

関連するコンテンツ

本解釈指針は、外貨建の資産、費用または収益の認識に先立って、非貨幣性の前払資産または前受収益負債を認識する場合の、関連する外貨建の資産、費用または収益の当初認識時の換算レートについて取り扱っています。

本解釈指針の概要は以下のとおりです。

  • 資産、費用または収益の認識に先立って、非貨幣性の前払資産または前受収益負債を認識する外貨建取引に適用します。
  • 外貨建の資産、費用または収益(あるいはその一部)を、当初認識時に換算するために用いる換算レートは、非貨幣性の前払資産または前受収益負債を当初認識する日の換算レートとします。
  • 2018年1月1日以降に開始する会計年度より適用されます。早期適用も認められます。

内容

  1. 要約
  2. 本解釈指針の背景
  3. 本解釈指針の範囲
  4. 本解釈指針の内容
  5. 適用日及び移行措置

IFRSのトピック

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン