IFRICニュース November 2016 - IFRS解釈指針委員会ニュース | KPMG | JP

IFRICニュース November 2016 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRICニュース November 2016 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRS解釈指針委員会(IFRS-IC)での主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取扱われているすべての論点のステータスを「論点サマリー」にまとめています。

関連するコンテンツ

青いフロアの会議室

2016年11月8日にIFRS解釈指針委員会(以下「IFRS-IC」)の会議が開催されました。
また、2016年9月、10月及び11月に開催された国際会計基準審議会(以下「IASB」)の会議において、IFRS-ICの提案等に基づいて審議が行われました。本稿では、主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取り扱われているすべての論点の状況を「論点サマリー」にまとめています。なお、一部の論点は、今後のIFRS-IC会議等において、引き続き議論される予定です。

概要

2016年11月のIFRS-IC会議において、次の事項が決定されました。

  • アジェンダ却下通知の確定
    繰延税金の測定にあたり耐用年数を確定できない無形資産について見込まれる回収方法
    可変数の親会社株式で決済予定の非支配持分に対する売建プット・オプションの会計処理
  • アジェンダ却下通知案の公表
    投資企業及びその子会社
    コモディティ・ローン
    ファンドに対するファンドマネジャーの重要な影響力

 

その他、11月のIFRS-ICにおいて議論された事項は以下のとおりです。

  • IFRIC解釈指針案「法人所得税の処理における不確実性」(デュー・プロセスの確認)
  • 認識の中止が生じない金融負債の条件変更/交換(デュー・プロセスの確認)
  • 金融負債の認識の中止に関する10%テストに含めるべき手数料及びコスト
  • 子会社が売却目的保有に分類される場合の、子会社での取引に対するIFRS第9号の適用
  • 全額償還」オプション及び公正価値償還オプションが「元本及び元本残高に対する利息の支払のみ」という要件(SPPI要件)に与える影響
  • IFRS第13号の適用後レビュー

 

また、9月、10月並びに11月のIASB会議では、以下の IFRS-IC関連事項が取り上げられました。

  • IFRIC解釈指針案「外貨建取引及び事前対価」
  • 会計方針の変更と会計上の見積りの変更
  • 有形固定資産の試運転から得られる正味の収入及び試運転コストの会計処理
  • 関連会社または共同支配企業に対する純投資の一部を実質的に構成する長期持分の測定

内容

  1. 要約
  2. IFRIC解釈指針
  3. 会計基準の限定的改訂
  4. IFRSの年次改善
  5. アジェンダ却下通知
  6. その他の論点等
  7. 論点サマリー

IFRICニュース

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信