IFRS - Financial Instruments Newsletter - Issue 35

IFRS - Financial Instruments Newsletter - Issue 35

IFRS - 金融商品ニューズレターでは、IASBの金融商品に関するプロジェクトの動向について最新情報を提供しています。Issue35では、資本の特徴を有する金融商品のプロジェクトについて、2016年12月に行われたIASBの審議を取り上げています。

関連するコンテンツ

ウィンドサーフィン

IASBは、前回の会議において、IAS第32号における現行のプッタブル金融商品の例外に該当する商品のガンマ・アプローチに基づく分類、及びこの例外規定を引き継ぐことの利点について検討したことをうけて、資本の特徴を有する金融商品に関する審議を継続しました。

概要

IASBは、12月の会議において、企業自身の資本に係るデリバティブへのガンマ・アプローチの適用について審議しました。特に、IAS第32号における固定対固定の条件を適用する際に実務上で生じるいくつかの論点に焦点を当てました。
プロジェクトの次のステップは、以下について検討することです。

  • 契約における権利及び義務の実質、並びに法律及び規制上の要求事項との関係
  • 資本性金融商品の認識、認識の中止及び分類変更

また、IASBは、対称的な損失補償(symmetric make-whole)を伴う期限前償還オプション付金融資産のIFRS第9号「金融商品」に基づく分類についての範囲限定的なプロジェクトを、アジェンダに追加することに合意しました。IASBは、2017年1月にこのトピックについて審議を行う予定です。
マクロヘッジ会計のプロジェクトについての審議は、12月の会議では行われませんでした。

内容

  1. 資本の特徴を有する金融商品
  2. これまでの経緯
  3. 企業自身の資本に係るデリバティブへのガンマ・アプローチの適用

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

IFRS - Financial Instruments Newsletter

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン