サイバーセキュリティ動向調査 デジタル時代のアイデンティティ/アクセス管理

サイバーセキュリティ動向調査 デジタル時代のアイデンティティ/アクセス管理

欧州では、数万のアイデンティティ/アクセス管理(IAM)システムが、適切な人員だけにデータとシステムへのアクセスを許可するという方法で、長年にわたり企業のセキュリティ維持に使われてきました。

1000

関連するコンテンツ

従来、そのようなソリューションは、従業員個人のアイデンティティを管理する目的で設計されたものですが、時代の変化に伴い、モバイルワークという働き方へのシフトによるエンドポイントの多様化まで、カバーするべき役割が広がってきました。
しかし、今日、あらゆる業界がデジタルトランスフォーメーションを推進することで、競争力の強化、効率性の向上、そして顧客やサプライチェーンとの接近を図ろうと試み、新しい課題が出現しつつあります。

PACおよびKuppingerColeとの連携により、KPMGは本調査を通じて、IT意思決定者が、変化するビジネス環境の中でアイデンティティ/アクセス管理(IAM)システムにおける新たなサイバーセキュリティの課題にどう立ち向かうべきかについて考察しました。

サイバーセキュリティアドバイザリー

サイバーセキュリティアドバイザリー

サイバー攻撃の脅威に適合した取組みを支援し、サイバー攻撃防御態勢の高度化を支援します。

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン