保険規制の進化2016 - 第6章:国際税務リスクがもたらす課題の増加 | KPMG | JP

保険規制の進化2016 - 第6章:国際税務リスクがもたらす課題の増加

保険規制の進化2016 - 第6章:国際税務リスクがもたらす課題の増加

2016年版「保険規制の進化」の第6章をお届けします。本章は国際税務リスクがもたらす課題の増加と題し、OECDによる「税源浸食と利益移転(BEPS)」報告書において浮き彫りにされた、国際税務を管理するにあたって保険会社が直面する数々の課題について考察します。

関連するコンテンツ

本章の概要

統制や開示の強化の流れの中で、保険会社は国際税務リスクや報告要件の管理の面で、増加する課題に直面しています。税務リスクには、税法の不遵守、税務上の意図しない結果を生む取引、不適切な財務報告および関連する開示、さまざまな国/地域からの二重課税リスクの高まりを受けた税務当局によるアプローチの変更などが挙げられます。さらに、規制要件の増加を受け、保険会社はさまざまなシナリオ下で正確に課税予測を行うことが求められています。

これらの進展に対応し、企業の国際課税関係の理解を深めるため、経済協力開発機構(OECD)は、「税源浸食と利益移転(BEPS)」に関する大規模な調査を実施しました。この調査は、不適切な税務戦略に対抗し、グループにおける国際税務の透明性を高めるための手段を税務当局に与えることを目的としています。

本章では、国際税務リスクがもたらす課題の増加と題し、OECDによる「税源浸食と利益移転(BEPS)」報告書において浮き彫りにされた、国際税務を管理するにあたって保険会社が直面する数々の課題について考察します。

「保険規制の進化2016」について

「保険規制の進化」はKPMGインターナショナルが発行する年次レポートであり、保険業界が直面する規制関連の主要なトピックを取り上げています。第6版となる今年のレポートは各章を順次発行する方式とし、今回の第6章をもって最終章となります。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信