保険規制の進化2016 - 第5章:世界の保険業界に影響を及ぼすエマージングリスク

保険規制の進化2016 - 第5章:世界の保険業界に影響を及ぼすエマージングリスク

2016年版「保険規制の進化」の第5章をお届けします。保険業界に影響を及ぼし得るエマージングリスクを特定し、評価することは、リスク管理者、保険会社、規制当局に共通する最も困難な課題の1つです。この章では、全ての保険会社と規制当局が考慮しなければならない保険セクターにおける主要なエマージングリスクの一部を取り上げ、概説します。

関連するコンテンツ

本章の概要

世界の規制制度がリスクベースの体制をつくり上げる中、リスク管理者の役割がますます重要になっています。リスク管理者、保険会社、規制当局に共通する最も困難な課題の1つは、業界に影響を及ぼし得るエマージングリスクを特定し、評価することです。これは科学ではありません。世界の動向をモニタリングし、想定外のことを考える必要があります。リスクを特定できても、重大な影響の可能性があるにもかかわらず、定量化が困難な場合もあります。

リスク情勢の変化には、環境、テクノロジー、地政学、経済、訴訟をめぐる新たな動向、およびそれらの相互依存性の高まりが含まれます。リスクをより正確に評価し、理解することで、企業にとってより適切な対応が可能となります。保険業界に影響するリスクには、明らかなもの(気候変動など)もあれば、他セクターの動向に起因するもの(自動運転車など)もあります。また、突如として現れるもの(ジカウイルスの発生など)もあれば、時間をかけて徐々に進展するもの(ロボット技術が雇用水準に及ぼす影響など)もあります。

リスクの種類は多岐にわたり、増え続けています。この章では、全ての保険会社と規制当局が考慮しなければならない保険セクターにおける主要なエマージングリスクの一部を取り上げ、概説します。

「保険規制の進化2016」について

「保険規制の進化」はKPMGインターナショナルが発行する年次レポートであり、保険業界が直面する規制関連の主要なトピックを取り上げています。第6版となる今年のレポートは各章を順次発行する方式とし、今回、第5章をリリースしました。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン