保険規制の進化2016 - 第4章:会計基準の変更が規制にもたらす影響 | KPMG | JP

保険規制の進化2016 - 第4章:会計基準の変更が規制にもたらす影響

保険規制の進化2016 - 第4章:会計基準の変更が規制にもたらす影響

2016年版「保険規制の進化」の第4章をお届けします。近年、IAISが直面する重要な課題の一つに、規制上及び財務報告上、全ての国・地域に適用される一貫した会計基準がないことが挙げられます。しかしながら、2016年、保険契約に係る国際財務報告基準(IFRS)は最終化に向けて大きく前進しました。

関連するコンテンツ

本章の概要

保険監督者国際機構(IAIS)は、グループ資本およびソルベンシーの評価に必要な規制上の資本の算定基礎となる資産・負債について、市場整合的な評価を目指し、前進を続けています。IAISが直面する最も大きな課題の1つは、規制目的であれ、財務報告目的であれ、国/地域を越えて適用される一貫した会計の基礎がないということです。調和のとれた財務報告のフレームワークが適用されれば、IAISの作業にとっても、最終的な要件の実務への適用においても、大きな利益が得られます。

本章では、新たな保険契約に関する国際財務報告基準(IFRS)の概要と主な要点について解説します。また、国際的に一貫した保険契約に関する会計フレームワークの策定のための取組みについて、KPMGの専門家の見解を示すとともに、それがIAISの作業とどのように相互作用する可能性があるかを論じます。

「保険規制の進化2016」について

「保険規制の進化」はKPMGインターナショナルが発行する年次レポートであり、保険業界が直面する規制関連の主要なトピックを取り上げています。第6版となる今年のレポートは各章を順次発行する方式とし、今回、第4章をリリースしました。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信