保険規制の進化2016 - 第3章:地域別の規制動向 | KPMG | JP

保険規制の進化2016 - 第3章:地域別の規制動向

保険規制の進化2016 - 第3章:地域別の規制動向

2016年版「保険規制の進化」の第3章をお届けします。ここでは、規制上の主なテーマが世界各地のさまざまな規制制度にどのような影響を及ぼしているかを解説します。

関連するコンテンツ

本章の概要

42カ国/地域を分析対象とし、各地の保険規制制度が保険基本原則(ICPs)を遵守するためにどのように進化しているかを考察するとともに、健全性や行為規制に関する重要な取組みについても概説します。リスクベース資本(RBC)制度の進化が一貫したテーマとなっています。
規制進化の進捗は各国/地域でそれぞれ異なります。テクノロジーの進化により世界が狭くなり、大手企業がさまざまな国/地域に活動の場を広げる中、各市場のダイナミクス、すなわち、特定の地域における主たるリスクは何か、国内外の規制が業界にどのような影響を及ぼしているかを理解することがますます重要になっています。
世界中のあらゆる規制動向が保険会社に課題をもたらします。保険会社は新たな時代の保険規制を遵守するべく、必要となる内部統制やリスク管理のフレームワークを開発しなければなりません。

「保険規制の進化2016」について

「保険規制の進化」はKPMGインターナショナルが発行する年次レポートであり、保険業界が直面する規制関連の主要なトピックを取り上げています。第6版となる今年のレポートは各章を順次発行する方式とし、今回、第3章をリリースしました。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信