今取り組むべきデータ品質マネジメント

今取り組むべきデータ品質マネジメント

企業のビジネス活動において日々蓄積されるデータは「企業の資産」であるといわれて久しい。あらゆる活動で生まれた情報はデータとして組織間を流れ、蓄積され、加工され、利用される、まさに企業活動における血液ともいえるほど重要な役割を担っている。

関連するコンテンツ

データは、入れ物であるシステムが入れ替わっても、その価値がある限り継続して利用されるため、一般にデータの寿命はシステムの寿命よりも長い。システムの品質は寿命に伴う更改や統合により一新されるが、データの品質は時間が経てば経つほど、入力間違いや重複の発生、更新の漏れ、ルールの逸脱、法的要件や利用目的の変化などにより劣化していく。時間とともに劣化していくデータを長期間にわたり維持し利用し続けるためには、データ品質マネジメントが重要な活動となる。

データ品質マネジメントでは「継続的な品質管理」と「IT部門、業務部門、経営を含めた全社的な取組み」が重要なポイントとなる。本稿では2つのポイントを用いたデータ品質確保の手法について解説する。

内容

  1. 品質の高いデータとは
  2. データ品質マネジメント
  3. まとめ

執筆者

KPMGコンサルティング株式会社
マネジャー
河合 博範

リスクコンサルティング

リスクコンサルティング

KPMGでは、リスクマネジメント・コンプライアンス・内部統制・内部監査・情報セキュリティ・人事マネジメント等に関する取組みの支援で得られた実務ノウハウを活用し、各企業に最適なグローバル・グループマネジメントの実現を支援します。

リスクマネジメント解説

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン