源泉税の課税範囲拡大にかかる提案 | KPMG | JP

源泉税の課税範囲拡大にかかる提案

源泉税の課税範囲拡大にかかる提案

10月下旬に公表されたFinance bill 2016において、源泉税の課税範囲の拡大が提案されています。当該提案は、通例、年末または翌年初に施行されており、源泉税の申告・納付期限は対価支払から1か月以内であるため、会社Tax Agentへの相談・確認が必要となります。

関連するコンテンツ

詳細はKPMGマレーシアが発行している2017 Budget & Finance Bill Highlights(英語PDF:1.499kb)をご参照ください。

マレーシア

マレーシア

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信