IFRS第16号 - リース新基準の移行のオプション | KPMG | JP

IFRS第16号 - リース新基準の移行のオプション

IFRS第16号 - リース新基準の移行のオプション

IFRS第16号「リース」では、移行のオプション及び実務上の便法に関する企業の選択が、実務適用プロジェクトのコスト及び時期に著しい影響を及ぼします。また、今後数年間にわたって企業の財務諸表にも影響を及ぼします。

関連するコンテンツ

チェスの駒

複数の移行のオプション及び実務上の便法が設けられており、それらの選択は、コストと比較可能性のトレードオフを伴います。
最も適切な移行のオプションを選択するのには慎重な検討が必要であり、代替的なアプローチの詳細なシミュレーションが必要となる場合もあります。
本冊子は、これらの移行のオプション及び実務上の便法について、KPMGの分析、及び様々なオプションが架空の企業にどのように影響するかを例示した設例を含めて解説しています。

内容

  1. 最善のオプションの選択
  2. IFRS第16号の概要
  3. リースの識別
  4. 遡及適用と修正遡及適用
  5. 修正遡及適用
  6. その他の移行のシナリオ
  7. 開示
  8. 移行日及び早期適用
  9. 次のステップ

Appendix - 設例

英語コンテンツ(原文)

IFRSのトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信