資産運用規制の進化 - 監視の強化に対応する | KPMG | JP

資産運用規制の進化 - 監視の強化に対応する

資産運用規制の進化 - 監視の強化に対応する

資産運用会社は不確実性の高い市場に直面していますが、そうした環境の中で顧客のために可能な限りの高いリターンを達成する使命を帯びています。一方で、資産運用業界はその重要性から規制当局による厳しい監視の目にさらされています。本レポートでは、規制上のテーマと対応の方向性に関する情報をお届け致します。

関連するコンテンツ

規制当局は、投資家保護の観点から資産運用会社の文化とコンダクトについて高い関心を持っており、手数料収入に依存する企業文化は厳しい監視対象となっています。
コスト及び手数料は、それが合理的な水準にあるか否かが規制上のテーマになっています。
商品に関するガバナンスと情報開示は、投資家の商品に対する理解可能性を確保するために充実させる必要性が認識されています。
新たな商品及びパスポート制度の登場は、市場拡大による景気拡大と投資家保護を両立させるべく規制当局及び資産運用業界にとっての大きなテーマとなっています。
ロボアドバイザーなどFinTechを活用した販売手法は投資家に有益であるとして歓迎されています。
一方で、テクノロジーの活用及び大量の顧客データの蓄積はサイバーセキュリティに関する関心を高める状況になっています。
資産運用業界は拡大を続けていますが、新たなシステミックリスクとして認識されることにもつながっており、今後の規制当局による監督方針には、十分に留意する必要があります。

内容

はじめに

エグゼクティブサマリー

第1章:資産運用会社の文化とコンダクトへの強い注目

第2章:コストと手数料:規制当局による指導

第3章:商品ガバナンスの強化に向けて

第4章:新たな商品・パスポート・市場

第5章:テクノロジー:規制当局は「ロボコップ」になるのか?

第6章:高まるサイバーセキュリティへの脅威、規制当局は対応へ

第7章:深みを増すシステミックリスクに関する議論

略語集

謝辞

フィンテック

フィンテック

金融とIT技術を融合させ新たな価値を生み出すフィンテック(FinTech)が今、金融界に大きなうねりをもたらしています。本ページでは、フィンテックに関する情報を発信しています。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信