FSBが2016年度のG-SIIsリストを公表

FSBが2016年度のG-SIIsリストを公表

2016年11月21日、金融安定理事会(FSB)は、グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)の2016年度リストを公表しました。2016年度のG-SIIsには、2015年度と同様の9社が引き続き選定されました。

関連するコンテンツ

2016年度G-SIIsリスト

2016年度のG-SIIsは2015年度と同様に下記の9社が選定されました。2016年度のG-SIIsのリストは、2015年末時点のデータを使用したIAISの提案に基づいています。

  • Aegon N.V.
  • Allianz SE
  • American International Group, Inc.
  • Aviva plc
  • Axa S.A
  • MetLife, Inc.
  • Ping An Insurance(Group)Company of China, Ltd.
  • Prudential Financial, Inc.
  • Prudential plc

G-SIIsへの政策措置

G-SIIsは国際的に合意された以下の基準の適用対象となります:

  • 2015年10月にIAISによって当初の開発が公表された、より高い損失吸収能力(HLA):HLA要件は、G-SIIsの評価手法に関するIAISの追加的な取り組みを反映するために今後改訂され、2017年11月にG-SIIsに選定される保険会社に対して、2019年1月から適用が開始される予定です。
  • より強化されたグループ全体の監督:これには、持株会社に対する直接的な権限、及びシステミック・リスク管理計画と流動性管理計画の策定と実施を監視するためのグループ全体の監督機関に対する要件が含まれます。
  • グループ全体の再生・破綻処理計画と定期的な破綻処理可能性の評価:各G-SIIsの破綻処理可能性は、各保険会社の危機管理グループ内の上級規制当局者によるハイレベルのFSB破綻処理可能性評価プロセス(Resolvability Assessment Process: RAP)においてレビューされます。

IAISの今後の取組み

IAISは、G-SIIs評価手法に関する作業を継続中であり、2015年11月に開始したコンサルテーション・プロセスを経て、2016年6月に「グローバルにシステム上重要な保険会社:改定評価手法(Globally Systemically Important Insurers: Updated Assessment Methodology)」を公表しました。FSBは、IAISが評価手法に関する追加作業の作業計画とタイムラインを、2017年の第1四半期に提出することを期待しています。

またIAISは、システミック・リスクに対処するための活動ベースのアプローチを、G-SIIsの事業体ベースの評価アプローチに対する補完候補として検証しています。FSBはこの取り組みに対する追加報告を期待しています。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン