Finance Act 2016にて提唱されたSection 50Cの修正案 | KPMG | JP

Finance Act 2016にて提唱されたSection 50Cの修正案

Finance Act 2016にて提唱されたSection 50Cの修正案

India News - 所得税裁判所は、不動産の対価全額の測定に関するFinance Act 2016にて提唱されたSection 50Cの修正案は、事実上治癒的なものであり、元々のSection 50Cの導入日から遡及して効力を持つものであるとの見解を示しました。

関連するコンテンツ

先ごろ、アーメダバードの所得税裁判所(裁判所)は、Dharamshibhai Somani (納税者)の案件において、1961年の所得税法(the Act)のSection 50Cの修正案は、事実上治癒的なものであり、したがって2003年4月1日、すなわち元々のSection 50Cが導入された日から遡及して効力を持つものであるとの見解を示しました。

明らかに過度な負担を納税者に強いる不均衡を解消する修正案は、遡及してその効力を持たせるべきであると考えられます。
したがって、法令として具体的に明文化されていなくともこのような修正案は、関連する法令規定が導入された日より、遡及的に効力を持つものとして捉えることができます。

Flash Newsの詳細は、以下のリンクをクリックしてください。

(Tax Flash News-英語原文はこちら)
Amendment to Section 50C introduced by the Finance Act, 2016 for determining full value of consideration in the case of immovable property, is curative in nature and will apply retrospectively(English PDF:335kb)

担当者:笠間 智樹、大谷 尚功

インド

インド

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

India News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信