人工知能がもたらす、社会変革、ビジネス革新 ~なくなる仕事、残る仕事、生まれる仕事~

人工知能がもたらす、社会変革、ビジネス革新 ~なくなる仕事、残る仕事、生まれる仕事~

今、人工知能(AI)が注目されていますが、このAIによって世の中はどのように変わっていくのでしょうか。また企業経営者はこれらの変化にどのように備えなければならないのでしょうか。

1000

関連するコンテンツ

本稿ではこれらのポイントを解説するとともに、第3次AIブームのキーとされる「機械学習」および「ディープラーニング」について紹介します。
また、AIの進化により「なくなる仕事」、「残る仕事」やその特徴についても述べたいと思います。

ポイント

  • 将棋、囲碁の世界でAIが人間を破る例が相次いでいる。ディープラーニングによる学習が「強さ」に繋がっている。画像認識などでも学習による進化に期待が高まっている。
  • AIの進化によりなくなる仕事と残る仕事がある。定型化されたルーティンワークはなくなる可能性が高い。肉体労働系や大局的判断などの仕事は、実は人間に残る。
  • AIにより世の中は変革する。このなかで生き残るためには発想の転換が必要。自社の物事を分解し、AIとの掛け算で考えることが大切。中小企業にもチャンスは大きい。

内容

  1. AIの現状と将来展望
    1. 人間がコンピュータに次々と敗北
    2. 第3次AIブームは「機械学習の時代」
    3. ディープラーニングで勝手に学習
  2. なくなる仕事とは?
    1. 法律、会計、税務、医療もAI化が進む
    2. 人間として最後まで残る仕事は
  3. 変わりゆく社会構造への対応
    1. AIの進化によりSF映画の世界が身近に
    2. 中小企業のほうがAIのメリットを享受できる
    3. 自社のビジネスとAIの掛け算で新たな価値を生み出す

執筆者

KPMG コンサルティング株式会社
代表取締役副社長 椎名 茂

マネジメントコンサルティング

マネジメントコンサルティング

戦略からITまで、様々な企業変革とプロジェクトの実行をサポートします。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン