WTO関税評価協定(WTO customs value agreement)

WTO関税評価協定(WTO customs value agreement)

関税の課税価格の算定(関税評価)にあたって、恣意的な評価制度を排除し、関税評価の執行に一貫性、確実性を与え、関税評価制度を国際的に統一することを目的とした協定。

関連するコンテンツ

原則としてWTO加盟国はこの規則に則った関税評価に関する国内法を定めることとなって、WTO加盟国である日本も、関税定率法においてこのWTO関税評価協定に基づいた関税評価方法を定めている。ただし、WTO加盟国であっても、通関現場での執行によって、WTO関税評価とは異なる評価が行われる場合もあるため注意が必要となる。

ビジネスキーワード

ビジネスキーワード

最新キーワードをわかりやすく解説しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン